登ってみねの、丹波岳(290m)

2020年7月3日(金)曇
山頂から、文珠山~橋立山が 一望出来るようになりました。0703.丹波 (1).jpg

3月から「丹波岳」に 登山道を作るという話になり、その作業に微力ですが 文殊の山友さん達と一緒に お手伝いをしてきました。途中で コロナ禍騒ぎもあり、約1ヶ月半位 整備も中断しましたが、自粛宣言解除の後に 再度整備を再開して、先日登山道が完成。山頂や分岐に案内看板などの設置も完了。

片上地区の公民館の館報にも登山道の完成記事が掲載されました。IMG_5005.jpg

登山道は完成しましたが 山頂からの展望が無く寂しいとの感想が・・。
事務局から 山頂の大きな木の伐採許可と依頼を受けて、今日は その作業に参加してきました。

9時頃、大正寺登山口の駐車場に集合して、チェンソーやノコギリ等の道具を持って、登山口を出発。(09:06)
0703.丹波 (2).jpg
榎坂峠のベンチまで 持ち上がった水を桶に補給。0703.丹波 (3).jpg
丹波岳の登山口を出発。(09:26)・・・ 重いチェンソーを山頂迄 持って上がるのも大変です。0703.丹波 (4).jpg
急登を登りきって、休憩ベンチで チョット一息。0703.丹波 (5).jpg
この竹林を過ぎると!0703.丹波 (6).jpg
広野山との分岐に到着。(09:44)・・・ 案内看板が設置されています。0703.丹波 (7).jpg
別所町との分岐に到着。(09:53)・・・ ここにも案内板があります。0703.丹波 (8).jpg
急登の滑る箇所には、プラ階段が取り付けられ、歩き易くなりました。0703.丹波 (9).jpg
丹波岳の山頂に到着。(10:03)0703.丹波 (10).jpg
作業前の山頂からは、展望が全然ありません。大木の向こうには、 文珠山が見える筈なんですがね~。0703.丹波 (11).jpg 
いよいよ作業開始。大きな木を伐採した時に倒れた木が引っかからないように、斜面の下の方から チェンソーで 木を伐採していきます。0703.丹波 (12).jpg
キチも微力ながら ノコギリで、細い木を伐採していきます。0703.丹波 (14).jpg
大木が伐採された瞬間、文珠山が目の前に見え感動です。0703.丹波 (13).jpg0703.丹波 (15).jpg
展望を確認しながら作業が続きます。0703.丹波 (16).jpg
この部分が伐採されると もっと視界が良くなるだろうな~。0703.丹波 (17).jpg0703.丹波 (18).jpg
大きな木の伐採は、経験豊富な TNさんに お任せです。0703.丹波 (19).jpg
大きな木が倒れる瞬間です。0703.丹波 (20).jpg
爆音と共に 一気に視界が開きました。0703.丹波 (21).jpg
右の文珠山から 左端の橋立山までの稜線が 綺麗に見えましたよ。お初の景色に歓声が上がります。0703.丹波 (22).jpg
斜面での危険な作業も 無事に終了。山頂に戻って、視界を妨げている山頂の木も伐採していきます。0703.丹波 (23).jpg
あと少しで完了です。0703.丹波 (24).jpg
丹波岳の看板を中心に、 文殊山から橋立山へと続く稜線が 一望出来るようになりました。0703.丹波 (27).jpg
整備前の写真と比較してみて下さい。素晴らしい 山頂になりましたよ。0703.丹波 (11).jpg
作業が終了。今日は やっぱりこれが無いとね~。ノンアルで 樹木伐採完了の カンパ~~イ 皆さん お疲れ様でした。0703.丹波 (25).jpg
簡単なランチの後は、としぼさん が お点前を披露。美味しくお薄を頂きました。0703.丹波 (26).jpg
これから 登山者が増えると 良いですね。0703.丹波 (27).jpg
文珠山をバックに、今日のメンバーで 記念撮影。0703.丹波 (28).jpg
ハナもサインで パチリ  0703.丹波 (29).jpg
下山します。(12:30)0703.丹波 (30).jpg
途中から林道を歩いてみました。・・・ イワガラミ。0703.丹波 (31).jpg
ねむの木。0703.丹波 (32).jpg
ヒオウギズイセン。0703.丹波 (33).jpg
キツリフネ。0703.丹波 (34).jpg
下山して 大正寺町の集落から見上げる、丹波岳。0703.丹波 (35).jpg
木々が透けて見える所が山頂のようですね。0703.丹波 (36).jpg

片上地区からの依頼で、 3月から開始した登山道整備作業に携わって頂いた皆様に感謝致します。(依頼者、関係者を代弁して)
山頂からの展望も良くなり、これで登山者の皆さんに丹波岳を一層楽しんで頂けると思います。「丹波岳」が 沢山の登山者で賑わると良いですね。
ただ、丹波岳の登山道は 出来たばかりなので 滑る箇所や危険箇所もあります。植生保護の場所には、虎ロープで囲いをしてあります。
踏み込んでいけない場所には 進入しないで下さい。
以上、整備に携わった皆さんが願っております。
登山者としてのルールを守り安全な登山を心がけてくださいね!よろしくお願いいたします。


登ってみねの~ 「丹波岳」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

トリプルアクセル
2020年07月04日 14:30
本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました。
生まれ育った四方谷からいつも眺めていた丹波岳。 あの頂に登れると知ったのは数年前。そして登山道の整備を手伝いたいと思いながらもなかなか時間とれずm(._.)m それでも3ヶ月ほど前、一人訪れた時には感無量でした。その時は見晴らしも悪く、四方谷も確認できぬまま下山。それがなんと、今回の皆様のご活躍で夢にまでみた景色がみれるという❗️嬉しいです。まだしばらくしてから、復活の最初の山は、丹波岳と文殊山と心に決めました\(^o^)/
2020年07月04日 17:55
トリプルアクセルさん、こんにちは😃
四方谷なら、何時でも文殊山や丹波岳に登れますね!2座登る事も可能です。羨ましいなあ!
丹波岳からご自宅は 見えないかも知れませんが? 何回も登って楽しんで下さい。