高瀬ダム・高瀬渓谷

2018年10月21日(日)
画像


前日の昼過ぎに自宅を出発。
白馬の友人898のおじさん宅に16時頃に到着。先日、お天気が続きそうだから出て来ないか?と連絡を頂き、早速甘えさせていただきました。2泊3日の予定で紅葉の山を案内して頂きます。今夜は久しぶりにお会いしたので夕食晩餐会です。(笑) 
明日は、私達が紅葉の時期に以前から行きたいと思っていた「高瀬渓谷」を案内していただく事になりました。明朝は早出になるので、早めに宴を終了して就寝

朝5時に起きて、コンビニで朝と昼用のを買って、目的地に出発。
七倉山荘前の駐車場に到着。ここから先は一般車両は通行止めです。徒歩だと90分程かかります。私達はもちろんタクシーで入ります。(7時から17時迄の時間制限)料金は、片道・2,100円でした。
画像

エメラルドグリーンの高瀬ダム湖。ここから歩きます。
画像

今日の湯俣トレッキングコース、噴湯丘を目指します。
画像

紅葉を楽しみながらの山歩きのスタートです。(7:20分)
画像

最初のトンネルは900m、中は風が通り抜けとても寒いです。
画像

最初のトンネルを抜けると、綺麗な紅葉が姿を見せる。
画像
画像
画像

紅葉をバックに📷
画像

唐松の黄葉も綺麗ですね。
画像

第2トンネル(300m)・・第3トンネル(300m)を通過します。
画像

高瀬川第5発電所。
画像

朝陽が当たって輝きます。
画像

川面にも紅葉が映ってる。
画像

裾方の影がとれるのは、10時頃だそうです。チョット残念。
画像

ここまでは快適な林道歩きで観光客も来れそうです。ここから先は登山道になります。
画像

赤が混じって、綺麗な紅葉が続きます。
画像
画像
画像

名無小屋を通過。
画像

紅葉が青空に映えます。
画像

落葉も綺麗です。
画像

霜が付いて、これも又綺麗ですね。
画像

申し分のない天気で、一番良い日に来れたようです。
画像
画像
画像

画像
画像

あのお山は?槍ヶ岳?。
画像

湯俣温泉・晴嵐荘が見えてきました。吊り橋が土石流で流され、現在は営業していません。
画像

川辺の石の上を慎重に歩き、噴湯丘を目指します。
画像

この吊り橋もなんか壊れそうで、慎重に渡ります。
画像

登り返すと鳥居が出てきました。
画像

今度は、ロープが張られた崖を川岸に下ります。
画像

硫黄の臭いが強くなってきた。川の水が白くなっています。
画像

川はブクブクと泡が立っています。
画像

上部に目を向けると流古木が、まるで龍の顔に見えますね。
画像

温泉は、かなり熱い。イヤ熱湯です。転んだら大やけどでしょうね。
画像

見えました。噴湯丘。オッパイの形をしています。(笑)
画像

歩いてきた方向を振り返り、遠くに見える山を望遠でひっぱってみました。燕岳方面かな?
画像

kichiがオッパイを指さして笑ってる。チョットずれてるよ!(笑)
画像

今日の目的を達成したので戻ります。熱い石に足を置きながら慎重に!
画像

吊り橋が皺っているので、kichiは、二人が渡り終えてから進みます。
画像

流された吊り橋の橋脚の上で、簡単なランチタイム。
画像

タクシーの最終時間制限があるので、早々に引き返します。

黄葉。
画像
画像

今日は大満足です。
画像

ナナカマドの実が青空に映えています。
画像

凄い~。
画像
画像

赤が綺麗です。
画像
画像
画像

林道まで戻って来ました。
画像

燕岳。
画像

対岸の紅葉に陽が当たっていないのでトンネルまでの戻りが、ダラダラ歩きで遠く長く感じました。
綺麗な紅葉を楽しんだのだから、文句を言っちゃダメですね。
画像

高瀬ダムに到着。ここから帰りも待機中のタクシーで駐車場まで戻り、今日のトレッキングは終了。

最高の天気に恵まれ、紅葉狩りを堪能させてもらいました。898のおじさん、ご案内いただきありがとうございました。
今晩も、898のおじさん宅で、今日の行程を振り返りながらの楽しい宴会。
明日は、長野と群馬県の県境に位置する「砂風岳~土鍋山」を案内していただく事になりました。明日は遠出になるので、早目に就寝

今日歩いた歩数は、37,459歩でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年10月24日 09:07
紅葉の遠征旅行うらやましいです。
ちょっと足湯でもしたい気分ですが、やけどするような熱湯では残念ですね。
次のレポートも楽しみにしています。
はなきち二人
2018年10月24日 11:47
一歩二歩山歩さん、こんにちわ!

毎年 友人からお誘いがあるので楽しんでいます。行き先もほとんどお任せで いつもガイドをしてもらっています。

この記事へのトラックバック