はなきち二人

アクセスカウンタ

zoom RSS 文殊山(大正寺コース)・・台風の爪痕*No.54-137

<<   作成日時 : 2017/11/05 22:38   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017年11月5日(日)
画像


今日は、文化祭の最終日。きちが15時頃迄時間が取れたので一人でトレーニングに「文殊山」に出かけました。
二上の駐車場に着くと、さすがに日曜日ですね〜、駐車場は満車。駐車場に山友の車もないので 大正寺コースの様子を見ようと思い、車をUターンすると 大kのりちゃんの車が入ってきた。「どうしたの?」と聞かれたので「大正寺コースの様子が見たいので!」って言うと「一緒に行くから」と言ってくれたので、大正寺コースの登山口に向かいます。

準備をして出発。(09:30分)・・・しばらく歩くと、登山道には倒木が有るものの、歩けるように整備されていました。
画像

林道出合の手前の大きな杉の木の倒木を見て唖然。 山友のUNさんやSIさんから聞いていましたが、想像以上に凄い状態です。
画像

登山道は、大きな杉の木が何本も折り重なって倒れていて、登山道が何処か判らない状態ですが、TNさんをはじめ 山友の皆さんのおかげで何とか前に進めるように整備されていました。
画像

凄い状態ですね〜。改めて自然の怖さを目の辺りにしました。
画像

大きな杉の木の倒木の間をトンネルにして進めるように整備してありました。この状態を見ると整備するのに大変だったのが判ります。
画像

とにかく林道が見えない。以前の状態が判らない。っていうのが実感です。
画像

大きな杉の木のトンネルを潜って前に進みます。
画像

榎坂峠のお地蔵様の祠が 杉の大木で押しつぶされていました。お地蔵様は無事のようです。でも今の状態では、どうしようもないですね。
倒れた杉の木に乗ってきちがお参りしようとしたら、木が濡れていたので滑ってお尻から木の間に落っこちちゃったよ〜。 大kのりちゃんがさし出すストックに掴まって ひっぱりあげてもらいました。
画像

後ろから来られたお二人も何処を通って良いのか迷っている様子なので、こちらの方が安全ですからと誘導。
画像

どうやら一番の難関を通り抜けたようです。
画像

鉄塔に到着。(09:54分)・・ここまで登ると、今迄は何だったの?って思うほど台風の影響を感じません。榎坂峠の付近が風の通り道になっていた為か? 考えられないような強風を浴びたんでしょうね。
画像

ヒヨドリジョウゴが何もなかったように陽を浴びて気持ち良さそうです。
画像

小文殊を通過。(10:15分)
画像

大文殊直下の紅葉絶景地は、まだまだ全然紅葉の兆しなしです。
画像

大文殊に到着。(10:31分)
画像

今日は、日曜日。先日の台風被害なんて感じさせないように若い方や子供さんで賑わっていました。
画像

新しく文殊菩薩様が鎮座された祠に、お参り。
画像

少し、色づき始めた所もありました。
画像

青空を浴び家族連れや若い方達がランチの真っ最中。
画像

私達は、ご住職たちと談笑の後、下山開始。(11:02分)
画像

元気な子供たちが列になって上ってきます。後ろから疲れ気味の大人の引率者が!(笑)
画像

小文殊から大正寺コースへ下山します。
画像

この辺りの紅葉も未だ先のようですね。
画像

鉄塔を過ぎての急階段を下ります。
画像

ここから、西袋コースがどうなっているのか?ちょっと偵察に!
倒れた杉の木の上に杉の木で橋が造られていました。
画像

西袋コースの倒木は、大正寺コースの倒木よりも もっと凄いかも?
画像

太い杉の木が折り重なって倒れています。登山道は全然見えません。
画像

TNさんが中心になって整備されたようですが、ここまで整備するだけでも大変だったと思います。
画像

とにかく、凄い状態です。とてもこの先には進める状態ではありません。
画像

ここから引き返すことにします。
画像

倒木の下を通れるようにしたり、階段を付けたり、整備された方々に感謝ですね。
画像

無事に、大正寺コースの登山口に到着。(12:00分)
画像

今日お付き合いしていただいた、大kのりちゃんご夫婦に感謝です。ありがとうございました。
画像


大文殊の被害も凄かったですが、今日見た大正寺コース・西袋コースの惨状を見て、つくづく自然の怖さを思い知らされました。
私達も、少しでも何かのお役に立つことが無いかと あらためて痛感した一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はなきち二人さん、おはようございます。
昨日の大正寺コースは酷い状態でしたね、何本もの太い杉の木が倒れ、お地蔵様の祠も無残な姿で身を隠していました。
帰りに寄った西袋コース、これまた大正寺コースを上回る被害で哀れな姿でしたね。
でもUNさん・TNさん・SIさんほかの皆さんのお陰で何とか通行出来る様になりありがたい事です。
きちさんの素晴らしシーンは、はなさんやほかの山友さんたちにもみせてあげたかったです。
私達の4つレンズに焼き付けてありますよ〜〜〜
大kのりちゃん
2017/11/06 09:39
大kのりちゃん、こんばんわ。

コメント返しが遅くなってごめんなさい。
大正寺コースと西袋コースが凄いことになってるって聞いていたけど、これほどだとは想定外でした。
TNさん・UNさん・SIさんを達、文殊山を愛する人達のご努力で私達が文殊山を楽しませてもらっています。ありがとうございます
現状を見に行った時に、転んでしまうとはなんと不覚。
でも、証拠写真が無いですからね。本当の事、ビックリしました。N?N?さんのように転びながらもVサインしようと思っても余裕がなくて出来なかったです。(笑)
はなきち二人
2017/11/06 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
文殊山(大正寺コース)・・台風の爪痕*No.54-137 はなきち二人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる