はなきち二人

アクセスカウンタ

zoom RSS 常念岳(2,857m)・・1日目

<<   作成日時 : 2017/10/11 16:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2017年10月8日(日)
画像



白馬に住む友人の898のおじさんからお誘いがあり、二人で出かける事になりました。
7日(土)のお昼頃、自宅を出発。加賀IC〜糸魚川IC迄、北陸自動車道を走り 898のおじさんの家に着いたのが、17時頃。今日は898のおじさん宅にお泊りさせて頂き、明日から「常念岳〜蝶ヶ岳」を縦走します。
8日(日)・・4時起床・5時出発で「常念岳の一の沢登山口」に向かいます。車を穂高駅の近くにある穂高神社の駐車場に駐車して出発。(06:10分) ここは登山者用の無料駐車場になっています。
画像

穂高駅からタクシーに乗り、一の沢登山口まで行く予定です。歩いて穂高駅に向かいます。
画像

穂高駅のタクシー乗り場には、登山者がタクシーを待っていました。私達は2台目に乗る事になります。ところが2台目のタクシーが来るのに約1時間近く待ちました。出だしから大誤算!待っている間に、名古屋から来られた一人の女性登山者に相乗りをお願いされ、登山口までご一緒する事になりました。
画像

一の沢の登山口に到着。タクシー料金は¥4,900でした。
画像

登山届を提出して出発。(07:47分)
画像

山の神。・・・ここで登山の無事をお祈りします。(08:00分)
画像

今日の予定が「常念小屋」に泊まる計画なので、時間はたっぷりあるので体を慣らしながらゆっくり進みます。
画像

沢を何回か渡歩していきますが丸太橋が整備されています。
画像

大滝を通過。(08:49分)
画像

ここで、エネルギー補給の小休憩。
画像

休憩の後、歩き始めると紅葉が始まっています。
画像

紅葉の間をゆっくりと進みます。
画像

笠原沢出合を通過。(09:58分)
画像

この辺りの紅葉は綺麗ですね。
画像

丸太橋を慎重に渡歩!
画像

トリカブト
画像

胸突八丁に到着。(10:33分)・・ここからが一の沢登山道の急登の始まり。
画像

小屋まで1.4kmですが標高差400mを一気に登るので、辛い上りが始まります。
画像

急登の途中で後ろを振り返って
画像

沢の横を注意しながらトラバースして沢の上部に上って行きます。
画像

最後の水場では沢山の登山者が休憩していました。(10:53分)
画像

私達も休憩して、水場で水の補給。
画像

第1ベンチを通過。(11:11分)
画像

第2ベンチを通過。(11:24分)
画像

第3ベンチに到着。(11:30分)・・あと少しで常念乗越に着く筈だが!
画像

常念乗越に到着。(11:45分)
画像

目の前に「槍ヶ岳」がドッカ〜〜ンと現れました。
画像

登頂記念写真を・・・バンザ〜〜イ。
画像

はなも興奮気味で写真撮影中。
画像

常念岳の山頂方面。ピークの向う側が山頂です。山頂はここからは見えません。
画像

横通岳(2767m)と東天井岳(2814m)
画像

東側には雲海が広がっています。
画像

常念小屋の後ろには、北穂岳や槍ヶ岳がクッキリ見えています。最高のお天気に恵まれました。
画像

小屋に入って宿泊の手続きを! 予約なしで宿泊できました。今日は、6畳間に6人・一人1畳のようです。(定員は12名だって・・・1畳に2人では窮屈すぎて寝れないよね。)
画像

部屋は、2階の29号室。・・家に帰ってから判った事ですが、10月2日によっし〜さんがお泊りした30号室の真向かいの部屋でした。部屋に入ると先着の方のザックが置いてありました。ザックから判断すると男性・1名と女性・2名のパーティのようですね。
画像

先ず、ランチにする事にします。食堂横のデッキのベンチでランチタイム。
3人共、かき揚げうどん(@900円)を注文。細麺で美味しそう。
画像

先ずは、無事の到着を祝って、カンパ〜イ。・・・今日はお泊りで、ここでゆっくり過ごすので、ノンアルじゃなくビールです。山の上でのビールは久しぶりですね〜。やっぱり美味いよね。
画像

槍ヶ岳にも乾杯。
画像

ポカポカしていて暖かく、山を見ながらのランチは贅沢です。・・・横通岳と東天井岳。
画像

立ち姿がカッコいいですね〜。槍ヶ岳。
画像

北穂高岳。
画像

ビールの上に槍ヶ岳を載せて遊んでみました。
画像

サインや指の輪の中に槍を入れてパチリ。
画像
画像

ランチの後、時間は 未だ13時半。常念岳の山頂は、明日「蝶ヶ岳」を縦走する時に通るので今日は登らずに、ここでゆっくり過ごします。こんな贅沢な山歩きは 初めてかも?
画像

槍ヶ岳をバックに 唐松と クロマメノキの紅葉が綺麗です。
画像

あまりのポカポカ陽気と ビールの酔いが廻ったのか? 898のおじさんが昼寝の時間。(笑)
画像

キャンプ場の使用料金は、一人1,000円。
画像

キャンプ場は、カラフルです。
画像

常念岳や横通岳から登山者が下りてきて 小屋の中へ入っていきます。今日は かなり混みあうようですね。
画像

898のおじさんもお昼寝から目が覚めたようです。30分位寝たようですよ。
画像

部屋に戻ると東京から来られた同部屋の3人と夕食の時間まで山談義に花が咲きました。

17時から夕食。ビールを買って食堂の前に並ぶとビールはダメだってなんで〜ビールは食後までお預けになりました。
メニューは、ハンバーグ。・・・美味しかった〜、完食。
画像

夕食の後、ビールを持って外のベンチへ移動。改めてカンパ〜イ。
画像

辺りが薄暗くなってきたので部屋に戻ります。
画像

再度、同室の方達とおしゃべりした後、20時半頃眠りにつきました。

明日、日の出が見れたら良いのにな〜。

蝶ヶ岳・・2日目に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
羨ましいほどのお天気ですね。
私なんぞ、2日間ともカッパ着用でした(涙)
その代り個室待遇とライチョウと出会えたので
仕方ないかな?(笑)

ビアは生(500円)にしなかったんですね。
よっし〜
2017/10/11 18:20
 「文殊山でトレーニングかな」
と思っていたらビックリです
蝶ヶ岳常念岳は行って無かったので
此処でその山岳風景を・・・やはり良いですね
惹かれます
日ごろのトレーニングが
功を奏しましたねヽ(^。^)ノ
ごもっ友 
2017/10/11 22:08
どちらも天候に恵まれて羨ましいですよ
あの蝶から常念への下り登り返しを眺めているだけで心が折れてしまいました。蝶まで行ってそれからまだ長い距離を下る体力が日ごろの成果出てますね。スゴイ

山の上でのんびり泊もいいでしょう、僕もその贅沢な時間が病みつきで縦走はしていません(只出来ないだけかも汗)ご来光見て朝ごはん食べて、のんびりしてから帰るのも贅沢ですよ一度お試しください。
コウちゃん
2017/10/12 08:31
よっし〜さん、おはようございます。

良い天気に恵まれました。
私達は、よっし〜さんと違って毎日が休みですからお天気の日を選んで行動できるから滅多に外れません。(笑)
今年は白馬のお天気も不安定な日が多かったようで、今回も延期延期で やっと898のおじさんとの日程が合い登る事になりました。今回は、最高の日になりました。

生ビール、500円だったんですね。気がつかなかったです。もともとお酒は好きな方じゃないからね。(笑・大ウソ)
はなきち二人
2017/10/13 09:23
ごもっ友さん、おはようございます。

このコースは以前から狙っていたコースで、槍もバッチリ見れ、綺麗なご来光も見れて最高でした。
小屋で一泊すれば、ゆっくり出来 そんなにきつくもなくお勧めのコースです。
はなきち二人
2017/10/13 09:28
コウちゃん、おはようございます。

常念から蝶への下りを見た時はビックリしましたが、歩いてみると見たほどではなかったです。
ただ、下りて来た所を振り返ると、蝶から常念への逆コースは、チョット登る気が無くなる程、急でした。
ここの縦走は、私達が歩いた常念岳〜蝶ヶ岳の方が登り易いと思います。
はなきち二人
2017/10/13 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
常念岳(2,857m)・・1日目 はなきち二人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる