はなきち二人

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風21号の爪痕・・「文殊山」*No.51-134

<<   作成日時 : 2017/10/25 06:51   >>

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

2017年10月24日(火)時々
画像


今日は何処へ出かけようか迷う? 経ヶ岳は、林道が通行止めのようだし、刈込池も台風の影響が出ているのでは?・・文殊山のお御堂が台風の影響でどうにかなっているか? チョット心配なので二人で「文殊山」に出かけました。

二上の駐車場に着くと、よっし〜さんが居るではあ〜りませんか! よっし〜さんも気になって登ってきたようです。私達は準備をするので先に行ってもらいます。どうせ上りでは追いつくからね〜、なんてね。(笑)
画像

出発しようとしていると、福井市役所の方が2名来て、「登山道に倒木が有るようなので注意して登ってくださいネ。」って。その後「初めてなので、山頂迄どれくらいかかりますか?」だって。(笑)
駐車場の銀杏の木が倒木。銀杏の臭いも凄いです。<
画像

登ろうとすると、マイハシさんが入ってきました。やっぱりね、気になってたんでしょうね。

登山口を出発。(09:47分)
画像

強風で落ちた杉の葉が色とりどりで綺麗です。今日は下を見ながら歩いた方が足元を楽しめそうです。
画像

クロミノサワフタギ。
画像

半田コースも倒木が!・・・未だ、よっし〜さんに追いつけません。
画像

岩清水の水の勢いが、今迄で一番凄いかも?
画像

下りて来た常連さんのMMさんが「大文殊は大変なことになってるよ〜」って教えてくれました。ギョギョギョ。

アブラギリの木枝が折れて落ちていました。文殊山に こんな木もあったんだ〜。
画像

七曲り合流点を通過。(10:29分)
画像

ツルアリドウシ。
画像

ツルリンドウ。
画像

登山道が色とりどりで綺麗ですね〜。
画像

センブリが折れた木々や葉で下敷きになっていたので救出。未だ、大丈夫でした。
画像

ツルウメモドキ。
画像

文殊会の方達が倒木をチェンソーで切って、登山道の整備をしてくれているようです。
画像

展望台手前の階段の所も倒木のトンネル。
画像

ビナンカズラも姿を消してしまっていました。
画像

展望台の文殊菩薩の祠の屋根も吹っ飛んでいました。
画像

ヤブコウジは、台風の影響がなさそうです。小さくて良かったね。
画像

大文殊に到着。(11:01分) 風で落ちた柿が散乱しています。
画像

大文殊のお御堂の瓦がむき出しです。覆ってあったブルーシートが垂れ下がっています。
画像

しばらくすると、福井のおじじさんも登って来られました。

登山者の方達も大文殊のお御堂の姿を見て唖然。
画像

横へ廻って見ると、屋根が吹きあがっています。
画像

屋根は完全に崩壊していました。
画像

大文殊の北側の大木の根も浮き上がっています。何時倒れるか?休憩場所のベンチの方に倒れそうなので危険です。登山者の皆さん注意して下さいね。
画像

よっし〜さん、そんなとこに居たら危ないよ〜〜。
画像

文殊会の方達がシートを剥がし始めました。
画像

よっし〜さん、大kのりちゃんも作業開始。
画像

シートを剥がし終えて、皆が手渡しリレーでお御堂の中の物を外へ運び出します。
画像
画像

皆で、手渡しでするので早い。それでもあんなに狭いお御堂の中から出るは、出るは。そんなに何処に入っていたんだろう。不思議なくらいです。
画像

真新しい「文殊菩薩像」も お御堂の中のご住職から受け取り慎重に運び出されました。
画像

今日のマイハシさんは、お御堂の中でご住職のお手伝いで大活躍でした。
画像

お御堂の中が気になる山友達。 
画像

深田久弥さんの落書きも見納めかも。代わる代わる見に行きます。
画像

きちは以前見ているので、中に居る よっし〜さんに写真を撮ってもらいました。
画像

お御堂の縁が傾いているので危ない、危ない。TKさん曰く、山を下りるより怖かっただって。
画像

今度は、お御堂から出したものを住職が仕分けして、小屋に入れておく物、小屋の外のシートの下に置く物を手渡しリレーで送ります。
画像
画像

この作業も皆ですると早いものです。短時間で完了。
画像
画像

最後は、虎ロープで囲って登山者が入らないように注意喚起。
画像

何時、お御堂が倒壊するか判らない状態なので、登山者の方 ロープの中に入らないようにお願いします。
画像

よっし〜さんを先頭にお手伝いをした山友達も皆で下山します。(13:26分)
画像
画像

久し振りにボランティアとはいえ、働いたのでお腹がペコペコ、展望台のベンチでランチタイム。
画像

先ずは、ノンアルを分け合って、カンパ〜〜イ。
画像

大kのりちゃんご夫婦・マイハシさんと5人で、大kのりちゃんが持ってきたラーメンでランチタイム。3玉ですが何か?但し、5人ですから!(笑) 私達が持ってきたも分け合って食べる事に。美味しかったです。
画像

ランチをしていると、ご住職と文殊会の方達が下りて来られました。ご苦労様でした。
画像

ランチも終わり、小文殊まで下りると、よっし〜さんとADご夫婦が居るではあ〜りませんか?ここでランチタイムだったんだ。よっし〜さんの山飯は終わっていました。
画像

先に下りて行くと、H地点過ぎた所で、よっし〜さんが私達を待ち伏せ。トラバース道から下りたようだ。それにしてもさすがに下りは早いですね。KHKさん。私達は、KOJBだからね。

ここからは、皆で一緒に下りる事にします。
画像

登山口に到着。(15:12分)
画像
画像

駐車場に到着。ここで皆さんとお別れ。
画像


今日は、文殊山に登って良かったです。まさか、大文殊のお御堂が倒壊寸前になっていたなんて思っていなかったので、少しでも片付けのお手伝いが出来て良かったです。
ただ、これから山友達とお天気の悪い時に、ワイワイガヤガヤとおしゃべりする場所がなくなったのがチョット残念です。
これからの事は、又皆で考えましょうネ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
はなきち二人さん、おはようございます。
大文殊のお堂の悲惨な、哀れな姿、登山道の何本もの倒木、巨大台風の猛威をしらされました。
ご住職を始め大勢の人達との作業で、お堂の中の文殊菩薩やいろんなものを取り出せてよかったです。
これからの事を考えるとご住職も我々もどうしていいのやら・・・・・。
でもきっと皆さんの力で再び文殊山が元の賑わいを取り戻すことを願わずにはいられません
大kのりちゃん
2017/10/25 08:14
昨日は、皆さんお疲れ様でした。昨日は、前日に一歩二歩山歩さんと三床山に行く事を約束していて文殊山には、行けませんでした。登山中TKさんから文殊山(お堂)が大変な事になっている連絡が入りその事が気になっての山歩でした。ブログを見て大変な状況が解りお手伝い出来なかった事が残念です。
SI
2017/10/25 08:39
お疲れ様でした。
文殊山が多くの人たちに愛され、大切に見守られている様子がよく分かりました。
文殊山とお御堂などが、1日も早く元の姿に戻ることを願っています。
iwahibari884
2017/10/25 08:41
おはようございます。
皆さん お疲れ様でした。私も気にはなっていたのですが 呑んベえさんは公園の後始末に出かけたし 家の周りの掃除で行けませんでした。
はなきちさんのレポで様子が良くわかりました。
有難うございます。
文殊山 皆の山ですもの きっといつもの賑わいに 戻ることでしょう。そう 願いたいですね。
NeNe
2017/10/25 08:44
お疲れ様でした。
台風の間、家にこもっていたので世間の情報がわからず(洪水だけは気にしていましたが)
台風一過の青空と展望を期待してのんきに三床山へ遊びに行ってしまいました。
まさか文殊山がそんな酷いことになっているなんて。
お役にたてなくて申し訳ありません。
一歩二歩山歩
2017/10/25 09:27
昨日はご苦労様でした。
駐車場でイチョウの倒木を見て、想定しながら登って行ったが、これ程とは思いませんでした。
山頂の御堂を見て更に驚き、茫然と見てたよ
下山時の食事、空腹でのラーメンやおにぎり
何時もより、更に美味しく感じたよ(^^♪
ご馳走様でした。
マイハシ
2017/10/25 09:30
昨日は、本当にお疲れ様でした。遅れて行ったので手伝う量が少なくて申し訳ありませんでした。
集会の場所がなくなり寂しいですが、また以前ような文殊山に早く戻って欲しいものですね。
A D
2017/10/25 10:19
大kのりちゃん、こんにちわ。

昨日、文殊山に登って改めて台風21号が凄かったことを実感しました。でも、山友達での手渡しリレーで文殊菩薩像や大事なものが無事に運び出されて良かったですね。
これからが住職も大変だと思います。
我々は、今まで通り文殊山が賑わう山になるように登りましょう。
このウは、ご苦労様でした。
はなきち二人
2017/10/25 11:59
昨日はお疲れ様でした。

登りははなきちさんたちに抜かれまいと、倒木や落ち葉が散乱した道を必死に登ったのでなんとか逃げ切れました(笑)

本当にあそこまでヒドいとは思いませんでしたね。
でもはなきちさんや、マイハシさん、大kのりちゃん、T川さん、福井のおじじさんといい、みなさん文殊山を心配して登ってこられた文殊山バ●ですね。
私も微力ながら復興に向けてなにか手伝っていこうと思います。

下りはADさんと一緒に降りていたら、いつの間にか後方のはなきちさんたちが消えていました(笑)
よたよた
2017/10/25 12:00
SIさん、こんにちは。

私達も登ったら状況が凄かったので、お手伝いしただけです。少しでもお役に立てて良かったと思っています。
はなきち二人
2017/10/25 12:01
iwahibari884さん、ご無沙汰しています。

文殊山には愛好者が沢山居られるので、賑わいは心配ないと思います。
ただ、お御堂などがどうなるのか心配ですね。
はなきち二人
2017/10/25 12:05
NeNeさん、こんにちわ。

昨日は只々、ビックリしました。
登り始めると、下山してくる常連さん達が大文殊が凄いことになっているというものだから、心配しながら登りました。お御堂の姿を見て唖然。
これから私達に出来る事って何かあるのかな?
昨日は偶然に登ってお手伝いが出来て良かったですけどね。
はなきち二人
2017/10/25 12:09
一歩二歩山歩さん、こんにちは。

私達は、たまたま登ったら凄い状態だったのでお手伝いが出来ただけですから。
はなきち二人
2017/10/25 12:12
マイハシさん、こんにちわ。

昨日は、大活躍でしたね。ご苦労様でした。
お酒を飲んで疲れがとれたとは思いますが?(笑)
昨日は、昼食の時間も忘れて動いたから、ラーメンも美味しかったですね。これからは温かいものに限りますね。
はなきち二人
2017/10/25 12:15
ADご夫婦さん、こんにちわ。

昨日は、ご苦労様でした。又文殊山でお会いしましょうね。
はなきち二人
2017/10/25 12:16
よっし〜さん、こんにちわ。

よたよたさんに改名ですか?(笑)
昨日はご苦労様でした。追いつこうと思ったのですが下りて来られる常連さんが大文殊の惨状を話してくるものだから、立ち話が多くて途中で追いつくのは諦めました。
文殊山の山〇〇さん達が大活躍でしたね。日頃、バカ騒ぎをしているものだからご恩返しに皆さん一生懸命でしたね。○○だから単純な仕事は出来るようです。(大笑い)たまには、間に合う事もあって良かったです。

展望台まで下りてきて、空腹には勝てず展望台のベンチで、簡単にラーメンとおにぎりで空腹を満たしました。
もう少し我慢して小文殊でよっし〜さんの山飯をいただけば良かったと後悔しています。
はなきち二人
2017/10/25 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風21号の爪痕・・「文殊山」*No.51-134 はなきち二人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる