はなきち二人

アクセスカウンタ

zoom RSS 鞍掛山(中ノ谷〜展望コース)を周回

<<   作成日時 : 2017/04/30 16:00   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2017年4月29日(土)時々
画像
展望岩から目の前に 鞍掛山と後山が ドッカ〜ンと ❕



昨日の疲れも有って、朝ゆっくり起床。朝食をしながら 今日も天気が良さそうだし、何処か出かけようか?
天気が良いと家でジッとして居れない最近の二人です。
この時間からすると”文殊山か鞍掛山”
文殊山は、山友達が29日にシャクナゲを観に行くといっていたので誰も居ないだろうし、今日は「鞍掛山」のミツバツツジを見に行く事にしました。

第2駐車場は、満車状態。若い人達が何かを観察している様子だ。親子で昆虫の観察?かな。
第1駐車場に着くと、土曜日にわりに車が少ない。時間からすると常連さん達は 下りてしまったのか・それとも「富士写ヶ岳」へ シャクナゲを観に行ったのかな?

準備をして、出発。(11:05分)
画像

西ノ谷と中ノ谷登山道の分岐。・・・今日は左の 中ノ谷登山道へ。
画像

少し歩くと左側に真新しいロープの付いた急な登山道らしき道が出来ている。前回登った時に常連さん達が展望コースを作っていると言っていたのを思い出す。多分この道かなぁ〜。山頂で聞いてみよう。
画像

行者岩登山道との分岐。(11:13分)・・・今日は、右折して 中ノ谷登山道から登ります。
画像

登り始めると、イカリソウが咲いている。・・・終盤でした。
画像

チゴユリは元気です。
画像

中ノ谷登山道は久しぶりです。
画像

鞍掛山は、どのコースも急登だが 中ノ谷はその中でも手強い急登が続きます。
画像

ミツバツツジ。・・・少し元気が無いようですね。
画像

はなが四輪駆動を発揮。
画像

ここのミツバツツジは、蕾もあってまだ元気です。
画像

遠くに肉眼では、小さく「小松ドーム」が見えています。
画像

登山道あちこちに、マキノスミレが登場。
画像

ササユリが準備を始めていました。
画像

山頂迄 200mの所には、ベンチがあります。前回もあったのかな?
画像

ナンキンナナカマドの蕾。
画像

頂上まで 100m地点。・・・最後の急登です。
画像

ウスギヨウラクが姿を見せる。
画像

山頂に到着。(12:02分)・・・誰も居ません。白山がうっすらと見えていました。
画像

富士写ヶ岳と火燈山。・・・今頃は、文殊山友達が周回してるんだろうな〜。
画像

山頂のミツバツツジは綺麗でした。
画像

空が曇ってきたので避難小屋横のトラバース道から 西ノ谷登山道を下ろうと、避難小屋の横を右へ折れたとたん。突然ゴロゴロっとが鳴りだす。
画像

慌てて傍の避難小屋に避難。・・・常連さんが5人歓談中でした。
椅子を詰めて頂いたので ついでにおにぎりで簡単にランチを済ませる。
すると、常連さんの中に前回もお見かけした方が居られる。小屋の後ろに貼ってある新聞に出ている「年間280回・鞍掛山に登られた 板倉さんでは?」と思い
き ち・・・「失礼ですが、板倉さんですよね!」と声を掛けると。
板倉氏・・ 「そうです。」との返事。
き ち・・・・・「私達 toshi0113さんとブログ友達なんです。お知り合いでしょう?」って聞くと
板倉氏・・ 「知ってるよ。ブログの名は?」って聞かれたので
き ち・・・・「はなきち二人です。」と答えると
板倉氏・・・「いつも見てますよ、登録してあるから」だって、嬉しかったです。

しばらく 鞍掛山の常連さん達とおしゃべりしていると、外が晴れてきた。
展望コースの事を伺うと、板倉さん達が登山道の整備をされたそうです。完成しているので 一緒に下ろうかと誘ってくださったので、お願いする事にしました。ラッキーです。
雷のおかげで、幸運を誘い込みました。(笑)
画像

板倉さん達の後に続きます。(12:49分)
画像

オオナルコユリ
画像

鶴ケ滝コースとの分岐。(12:56分)・・・真っ直ぐ 三童子山方面へ進みます。
画像

ツルシキミ
画像

展望岩の手前。
画像

はなが大岩を四つん這いになって登って行きます。それにきちも続きます。
画像

展望岩に到着。(13:08分)・・・目の前に 鞍掛山が大きく見えます。
画像

ここから展望コースを下ります。(13:10分)・・・最初は激下りとの事。足を踏み出すと急坂というより絶壁って感じです。ロープや木に掴まりながら慎重に下ります。
画像
画像
画像

平坦な所まで下りると、形の良い 鞍掛山が見えました。
画像

反対方向には、三童子山の山頂も見える。(丸くポコッとなった所が山頂)
画像

登山道には、真新しい濃いピンクの大きなリボンが結んであるので迷う事はなさそうです。
画像

シダの間を進みます。
画像

サイフリボク
画像

花序が采配の形に似ている事から(采振り木)と名がついたそうです。教えて頂きました。真近で見るのは初めてです。
画像

クリの木の虫こぶ。
画像

ガマズミ
画像

最後の急坂です。慎重に下ります。
画像

朝見つけた登山道口に到着。(14:03分)
画像

第1駐車場迄 しばらくは林道歩き。
画像

駐車場に到着。(14:11分)・・・板倉さんをはじめ私達を案内して下さった常連さん達に感謝です。ありがとうございました。またお会いした時には、よろしくお願い致します。
画像


今日は、雷が鳴ったおかげで 予期しないハッピーな山歩きが出来ました。
鞍掛山の常連さん達も文殊山の常連さん達と同じように親切で楽しい人達ばかりで、ますます山にハマっていく 二人です。

山っていいな〜。\(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
密告者がいました
板倉さんに会われたときにいた女性はヤマレコのlanchidさん

僕が奥獅子吼から雷避けて足早に下ると
やたらクシャミが...花粉症が酷くなったのかと心配しちゃいました
toshi0113
2017/05/01 10:32
toshi0113さん、こんにちわ。

雷のおかげでまだ出来たばかりの展望コースを楽しむ事が出来ました。
toshi0113さんとブログ友達といったら気軽に色々教えて下さり楽しかったです。
一緒に下りた女性は、lanchidさんですね、下山して駐車場でヤマレコをやっていると聞いていました。
やっぱりクシャミ出ましたか、決して花粉症ではありませんから、toshi0113さんの噂話で盛り上がっていただけです。(ウソ・笑)
明日は、シャクナゲ三昧の予定です。
はなきち二人
2017/05/01 14:04
こんばんは、ご一緒させていただいたlanchidです。お花への情熱が素晴らしいですね。

サイフリボク、サイフリボク、そう言えば現地で何度も唱えたはずですが、すでに忘れていました(笑)今年はダンコウバイを覚えて満足していたのですが、はなきち二人さんと出会えたことを記念して、サイフリボクも追加で覚えることにします。

お花の勉強のため、ときどき覗かせていただきます。またどこかのお山でお会いしましょう。
lanchid
2017/05/01 21:52
lanchidさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。また、先日はご案内して頂きありがとうございます。あの時雷が鳴ったおかげで皆さんにお会い出来て展望コースを下りれるなんてラッキーでした。
鞍掛山は、文殊山と同じように 私達のお花の散策とトレーニングの山でもあります。毎年何回かお邪魔していますので またお会いできると想います。その時はよろしくお願いします。
はなきち二人
2017/05/03 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
鞍掛山(中ノ谷〜展望コース)を周回 はなきち二人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる